2019/2/4(月)第39回放送~痴漢に間違われたらこうなります!

Goto1.jpg

2019/2/4(月)23:30放送の『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』は、『痴漢に間違われたらこうなります!』(自由国民社)というご著書をお持ちのWEBライター、ごとうさときさんにお話を伺いました。冤罪というと殺人事件や社会的関心の高い重大事件を連想しますが、痴漢冤罪も立派な(?)冤罪の1つです。もちろん痴漢は絶対に許されない犯罪行為です。しかし、被害者の勘違いや思い込みで犯人になってしまった人だけでなく、(示談金目当てに)「こいつを犯人にしてやれ」と故意に痴漢に仕立て上げられてしまうケースもあります。これは完全に恐喝です。

それはさておき、痴漢事件の場合、明確な証拠が残らない場合が多く、被害者の証言が犯行の決め手になってしまうことも。もし逮捕されたら、仮にあなたが無実でも、けして逃げられません。何日も拘留され、「お前がやったんだろ!」「この変態野郎!」と毎日脅され、結局やってもいないのに「やりました」と言わされてしまいます。警察に行って話せば分かってもらえる、というのは嘘。彼らは獲物を逃がしません。

シャバに出たころには、家族も仕事も失っている、なんてことも。単純な構図の事件なだけに冤罪の恐ろしさが浮き彫りになります。是非、お聴きください。
出演:ごとうさとき、なつし聡


リアルタイムにサイマル放送を聴く場合は →FMたちかわ(84.4MHz) → http://www.fm844.co.jp
過去放送分のアーカイブはコチラに公開しています。是非ご確認ください→ Podcast http://enzaibusters.seesaa.net/
Goto2.jpg

◆国民救援会に入ろう!!
113-8463文京区湯島2-4-4 平和と労働センター内
TEL.03-5842-5842 FAX03-5842-5840
http://www.kyuenkai.org email : info@kyuenkai.org

この記事へのコメント