2018/10/15(月)第32回放送~台湾と日本、冤罪に見るその違い

2018/10/17 17:28
2018/10/15(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第32回放送のポッドキャストを公開しました。台湾で行われたイノセンス・プロジェクトに参加してきた桜井昌司さんの報告を再度お聴きいただきました。警察・検察は絶対に間違いを犯さないという根拠のない神話から捜査がスタートする日本、人間は間違いを犯す生き物だという謙虚な認識スタートする台湾、その差は歴然なのです。 出演:桜井昌司、なつし聡 ShiroiHana181015-PC.mp3 リアル..

続きを読む

2018/10/1(月)第31回放送~日本の死刑制度

2018/10/13 17:29
2018/10/1(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第31回放送のポッドキャストを公開しました。 今回は、監獄人権センターの事務局長、田鎖麻衣子さんにお話を伺いました。オウム真理教の容疑者13人が一斉に死刑執行されたことは記憶に新しいですが、この刑の執行は海外からも大きな批判を浴びました。では一体何が問題なのか。ヨーロッパでは90年代に死刑制度廃止に大きく舵が切られ、現在ではEU加盟の条件の1つが死刑制度を廃止していること、という徹底ぶり。死刑制度を..

続きを読む

2018/4/16(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第17回放送

2018/04/22 22:58
監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子さんにお話を伺いました。まず、今回私が聞きたかったことは、被疑者に対する被害者家族のコメント(「できれば娘に代わった殺してやりたい」というようなもの)が新聞やメディアで報じられると、「こいつは本当に悪い奴だ!」という先入観が全国的にばら撒かれる。でも、まだ裁判は始まったばかりの段階で被疑者は犯人と決まったわけではないのに、メディアで報じられてしまう。これって法的にどうなんでしょう?という点。 その他、再審に待ったをかける特別抗告の..

続きを読む

2018/4/2(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第16回放送

2018/04/03 00:00
4/2(月)第16回放送 監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子さんに「受刑者の健康と再犯防止」と題するシンポジウムの内容とそれに関連するお話を伺いました。 そして2/24にYMCAアジア青少年センターで行われた「袴田巖さんの再審を求める全国集会」の様子を少しですがご紹介いたします。この日は袴田巖さんとお姉さんの秀子さんが登場しビッグなサプライズとなりました。そして評論家の江川紹子さんの説得力あるスピーチ。袴田巖さんの再審に向けて、会場内が1つになりました。 ..

続きを読む

2017/12/14(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第8回放送

2017/12/19 15:27
(写真は東京新聞2017/11/26朝刊) 「塀の中の白い花~ほんとに何もやってません」は冤罪が遠い世界のことではなく、誰にでも起こりうる身近な問題であることを世間に伝えていく番組です。殺人事件から痴漢冤罪まで、様々な形の冤罪が世の中に溢れており、冤罪が非常に不運な一部の人たちにだけ起こった、特殊な事例ではないことを、そして、冤罪に苦しむ被害者が全国にたくさんいるいうことを電波を通じて分かりやすくお伝えしていきます。 本日の話題は前回に引き続き、UPR(国連人..

続きを読む

2017/12/4(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第7回放送

2017/12/06 23:14
「塀の中の白い花~ほんとに何もやってません」は冤罪が遠い世界のことではなく、誰にでも起こりうる身近な問題であることを世間に伝えていく番組です。殺人事件から痴漢冤罪まで、様々な形の冤罪が世の中に溢れており、冤罪が非常に不運な一部の人たちにだけ起こった、特殊な事例ではないことを、そして、冤罪に苦しむ被害者が全国にたくさんいるいうことを電波を通じて分かりやすくお伝えしていきます。 本日の話題はUPR(国連人権理事会による普遍的定期的審査)、そして狭山事件。 UPRか..

続きを読む