2019/9/2(月)23:30放送の『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第57回放送 人権て何だ~最近の袴田巖さん

2019/09/03 01:30
女性はパンプスを履けと強要している会社がいまだにあるという驚きのニュース。外反母趾になったら会社は責任取れるの? これも人権の問題ですね。代用監獄も人質司法も、冤罪も再審も全部人権というキーワードで考えると見えてくるものがあります。クライム・インフォ代表の田鎖麻衣子弁護士にお話を伺いました。 そして袴田巖さんの半生を描いたスプリット・デシジョンも第6話で完結しました。最近の袴田さんの様子、これからの支援活動をプロボクシング協会の事務局長、新田渉世さんに語っていた..

続きを読む

2019/7/15(月)第53回放送~受刑者たちを取り巻く医療体制

2019/07/16 00:04
沖縄のために闘った星野文昭さんをご存知ですか? 1971年に東京・渋谷の沖縄返還協定反対闘争で沖縄のために闘い、警察官1名が死亡したために星野文昭さんは殺人罪で無期懲役刑に処せられました。星野さんはデモ隊のリーダーではありましたが、殴打や火炎瓶投擲などを指示してもなく、無実を叫び続けていました。星野さんは徳島刑務所で獄中生活を送ってきましたが、刑務所は星野さんが肝臓がんに侵されていることを知りながら、その事実を隠し続け、治療の機会を奪ってきました。権力による殺..

続きを読む

2019/6/3(月)第48回~検察の証拠開示義務

2019/06/04 11:05
今回も盛りだくさんでお届けします。5月20日に「再審法改正をめざす市民の会」が結成されました。その際の青木惠子さん(東住吉町事件)、桜井昌司さん(布川事件)、周防正行さん(映画監督)のコメントをご紹介します。 そして、その1週間後、布川事件の国家賠償請求訴訟で桜井昌司さんが大勝利! 当日の様子は動画を公開しています。 さて、今回は布川事件の東京地裁の判決にも深く関係してくるのですが、「検察の証拠開示義務」について。Crime Info代表の田鎖麻衣子弁護士にお話を..

続きを読む

2019/3/4(月)第41回放送

2019/03/05 23:57
2019/3/2(土)23:30放送の『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第41回放送のポッドキャストを公開しました。 築地警察署による公務執行妨害デッチ上げ事件の冤罪被害者、二本松進さんが冤罪を4つのパターンに分類して解説をしていただきました。そして前回に引き続き、ノジマミカさんには狭山事件の歴史を紐解いていただきます。警察を信じて疑わなかった石川さんが無実を主張しはじめ、文字を学び始めた時期の話を伺います。そして、拘置所とはどんなところなのか、監獄人..

続きを読む

2018/12/31(月)第38回放送~冤罪をなくすために

2019/01/01 11:05
布川事件の冤罪被害者、桜井昌司さんと監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子さんにお話を伺いました。FMたちかわの2018年の放送はこの番組で幕を閉じるのですが、他局では年末年始の特番などを放送し、ドンチャン騒ぎ、または静かに新年を迎える番組を放送するので、私は「こんな番組で2018を終わっていいんですか?」と局に確認したのです。ところが、「いいんです」と太鼓判をいただきましたので、FMたちかわは『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』で2018年の放送を終えました。..

続きを読む

2018/10/15(月)第32回放送~台湾と日本、冤罪に見るその違い

2018/10/17 17:28
2018/10/15(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第32回放送のポッドキャストを公開しました。台湾で行われたイノセンス・プロジェクトに参加してきた桜井昌司さんの報告を再度お聴きいただきました。警察・検察は絶対に間違いを犯さないという根拠のない神話から捜査がスタートする日本、人間は間違いを犯す生き物だという謙虚な認識スタートする台湾、その差は歴然なのです。 出演:桜井昌司、なつし聡 ShiroiHana181015-PC.mp3 リアル..

続きを読む

2018/10/1(月)第31回放送~日本の死刑制度

2018/10/13 17:29
2018/10/1(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第31回放送のポッドキャストを公開しました。 今回は、監獄人権センターの事務局長、田鎖麻衣子さんにお話を伺いました。オウム真理教の容疑者13人が一斉に死刑執行されたことは記憶に新しいですが、この刑の執行は海外からも大きな批判を浴びました。では一体何が問題なのか。ヨーロッパでは90年代に死刑制度廃止に大きく舵が切られ、現在ではEU加盟の条件の1つが死刑制度を廃止していること、という徹底ぶり。死刑制度を..

続きを読む

2018/4/16(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第17回放送

2018/04/22 22:58
監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子さんにお話を伺いました。まず、今回私が聞きたかったことは、被疑者に対する被害者家族のコメント(「できれば娘に代わった殺してやりたい」というようなもの)が新聞やメディアで報じられると、「こいつは本当に悪い奴だ!」という先入観が全国的にばら撒かれる。でも、まだ裁判は始まったばかりの段階で被疑者は犯人と決まったわけではないのに、メディアで報じられてしまう。これって法的にどうなんでしょう?という点。 その他、再審に待ったをかける特別抗告の..

続きを読む

2018/4/2(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第16回放送

2018/04/03 00:00
4/2(月)第16回放送 監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子さんに「受刑者の健康と再犯防止」と題するシンポジウムの内容とそれに関連するお話を伺いました。 そして2/24にYMCAアジア青少年センターで行われた「袴田巖さんの再審を求める全国集会」の様子を少しですがご紹介いたします。この日は袴田巖さんとお姉さんの秀子さんが登場しビッグなサプライズとなりました。そして評論家の江川紹子さんの説得力あるスピーチ。袴田巖さんの再審に向けて、会場内が1つになりました。 ..

続きを読む

2018/2/19(月)『塀の中の白い花~ほんと何もやってません』第13回放送

2018/02/21 00:44
1/24(水)に衆議院第二議員会館で「受刑者の健康と再犯防止」と題するシンポジウムが開催されました。講演をしたのが監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子さん。当日、どんな内容をお話になったのか、どんなディスカッションがあったのか、語っていただきました。 ●刑務所での健康問題 ●受刑者が病気になったら? ●刑務所での医療 などなど。 ShiroiHana180219-PC.mp3 ネットがあれば地球の裏側でも聴けるサイマル放送をリアルタイムに聴く場合は⇒ ..

続きを読む

2017/12/14(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第8回放送

2017/12/19 15:27
(写真は東京新聞2017/11/26朝刊) 「塀の中の白い花~ほんとに何もやってません」は冤罪が遠い世界のことではなく、誰にでも起こりうる身近な問題であることを世間に伝えていく番組です。殺人事件から痴漢冤罪まで、様々な形の冤罪が世の中に溢れており、冤罪が非常に不運な一部の人たちにだけ起こった、特殊な事例ではないことを、そして、冤罪に苦しむ被害者が全国にたくさんいるいうことを電波を通じて分かりやすくお伝えしていきます。 本日の話題は前回に引き続き、UPR(国連人..

続きを読む

2017/12/4(月)『塀の中の白い花~ほんとに何もやってません』第7回放送

2017/12/06 23:14
「塀の中の白い花~ほんとに何もやってません」は冤罪が遠い世界のことではなく、誰にでも起こりうる身近な問題であることを世間に伝えていく番組です。殺人事件から痴漢冤罪まで、様々な形の冤罪が世の中に溢れており、冤罪が非常に不運な一部の人たちにだけ起こった、特殊な事例ではないことを、そして、冤罪に苦しむ被害者が全国にたくさんいるいうことを電波を通じて分かりやすくお伝えしていきます。 本日の話題はUPR(国連人権理事会による普遍的定期的審査)、そして狭山事件。 UPRか..

続きを読む